日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファンアウト構成およびカスケード構成のデータ保護

寄稿者

a_fan-out_deployment を使用すると、データ保護を複数のセカンダリシステムに拡張できます。a_cascade _deployment を使用して、データ保護を 3 次システムに拡張できます。

ファンアウトとカスケードのどちらの構成でも、 SnapMirror DR 、 SnapVault 、ユニファイドレプリケーションを任意に組み合わせることができます。ただし、 SnapMirror Synchronous 関係( ONTAP 9.5 以降でサポート)では非同期 SnapMirror 関係を使用したファンアウト構成のみがサポートされ、カスケード構成はサポートされません。ファンアウト構成で確立できる SnapMirror Synchronous 関係は 1 つだけで、ソースボリュームからの残りの関係はすべて非同期 SnapMirror 関係にする必要があります。

注記

ファンイン導入を使用すると、複数のプライマリシステムと単一のセカンダリシステムの間にデータ保護関係を作成できます。各関係では、セカンダリシステム上の異なるボリュームを使用する必要があります。

ファンアウト構成の仕組み

SnapMirror は、 _ multiple-mirrors _ および _ mirror -vault_fan-out 構成をサポートします。

複数ミラーファンアウト構成では、ソースボリュームから複数のセカンダリボリュームへのミラー関係が確立されます。

データ保護の構成:複数ミラーファンアウト

ミラー - ヴォールトファンアウト構成では、ソースボリュームからセカンダリボリュームへのミラー関係と、別のセカンダリボリュームへの SnapVault 関係が確立されます。

データ保護の構成:ミラー - ヴォールトファンアウト

ONTAP 9.5 以降では、ファンアウト構成で SnapMirror Synchronous 関係を確立できます。ただし、ファンアウト構成で確立できる SnapMirror Synchronous 関係は 1 つだけで、ソースボリュームからの残りの関係はすべて非同期 SnapMirror 関係にする必要があります。

SSM ファンアウト

カスケード構成の仕組み

SnapMirror は、 _ mirror - 、 _ mirror - vault_ 、 vault - mirror 、 _vault-vault-cascade の構成をサポートしています。

ミラー - ミラーカスケード構成の関係のチェーンでは、ソースボリュームがセカンダリボリュームにミラーリングされ、そのセカンダリボリュームが 3 番目のボリュームにミラーリングされます。セカンダリボリュームが使用できなくなった場合は、プライマリボリュームと 3 番目のボリュームの間の関係を同期できます。ベースライン転送を新たに実行する必要はありません。

ONTAP 9.6 以降では、ミラー - ミラーカスケード構成で SnapMirror Synchronous 関係がサポートされます。SnapMirror Synchronous 関係に含めることができるのは、プライマリボリュームとセカンダリボリュームだけです。セカンダリボリュームと 3 番目のボリュームの関係は非同期でなければなりません。

SnapMirror の構成:ソースからのミラー - ミラーカスケードチェーン

ミラー - ヴォールトカスケード構成の関係のチェーンでは、ソースボリュームがセカンダリボリュームにミラーリングされ、そのセカンダリボリュームが 3 番目のボリュームに保存されます。

SnapMirror の構成:ソース - ミラー - ヴォールトカスケードチェーン

ヴォールト - ミラー、 ONTAP 9.2 以降では、ヴォールト - ヴォールトカスケード構成もサポートされます。

  • ヴォールト - ミラーカスケード構成の関係のチェーンでは、ソースボリュームがセカンダリボリュームに保存され、そのセカンダリボリュームが 3 番目のボリュームにミラーリングされます。

  • ( ONTAP 9.2 以降)ヴォールト - ヴォールトカスケード構成の関係のチェーンでは、ソースボリュームがセカンダリボリュームに保存され、そのセカンダリボリュームが 3 番目のボリュームに保存されます。