日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SSD ストレージプールへの SSD の追加がキャッシュサイズに及ぼす影響を決定する

寄稿者

ストレージプールに SSD を追加するとプラットフォームモデルのキャッシュ制限を超えてしまう場合、 ONTAP では新しく追加した容量をどの Flash Pool アグリゲートにも割り当てません。その結果、新しく追加した容量の一部またはすべてを使用できなくなる可能性があります。

割り当て単位が Flash Pool アグリゲートにすでに割り当てられている SSD ストレージプールに SSD を追加すると、これらのアグリゲートそれぞれのキャッシュサイズと、システム全体のキャッシュサイズが拡張されます。ストレージプールのどの割り当て単位も割り当てられていない場合は、そのストレージプールに SSD を追加しても、 1 つ以上の割り当て単位がキャッシュに割り当てられるまで SSD のキャッシュサイズには影響しません。

手順
  1. ストレージプールに追加する SSD の使用可能なサイズを確認します。

    「 storage disk show _disk_name _ -fields usable-size 」をクリックします

  2. ストレージプールの未割り当ての割り当て単位の数を確認します。

    「 storage pool show -available-capacity_ssp_name_` 」という名前になります

    ストレージプール内の未割り当てのすべての割り当て単位が表示されます。

  3. 次の式を使用して、追加するキャッシュの容量を計算します。

    ( 4 - 未割り当ての割り当て単位の数) × 25% × 使用可能なサイズ × SSD の数