日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ルート / データ / データパーティショニングでディスクを手動で割り当てます

寄稿者 netapp-thomi

ルート / データ / データパーティショニングでは、 HA ペアがまとめて所有する所有権の 4 つのエンティティ(コンテナディスクと 3 つのパーティション)があります。

ルート / データ / データパーティショニングは、ルートパーティションとして小さなパーティションを 1 つ作成し、データ用に同じサイズの大きなパーティションを 2 つ作成します。

ルート / データ / データパーティションディスクの適切なパーティションを割り当てるには、「 disk assign 」コマンドでパラメータを使用する必要があります。これらのパラメータは、ストレージプールに含まれるディスクでは使用できません。デフォルト値は false です。

  • [-data1] [true]] パラメータは 'root-data1-data2 パーティションディスクの data1_` パーティションを割り当てます

  • [-data2 [true]] パラメータは 'root-data1-data2 パーティションディスクの 'data2' パーティションを割り当てます

手順
  1. パーティショニングされたディスクの現在の所有権を表示します。

    「 storage disk show -disk disk_name -partition-ownership 」を参照してください

  2. CLI の権限レベルを advanced に設定します。

    「 advanced 」の権限が必要です

  3. 所有権を割り当てる所有権のエンティティに応じて、適切なコマンドを入力します。

    所有権を割り当てる所有権のエンティティ

    使用するコマンド

    コンテナディスク

    「 storage disk assign -disk disk_name -owner owner_name 」という形式です

    Data1 パーティション

    'storage disk assign -disk disk_name -owner owner_name -data1 true

    data2 パーティション

    「 storage disk assign -disk disk_name -owner owner_name -data2 true 」という形式です

    ルートパーティション

    「 storage disk assign -disk disk_name -owner owner_name -root true 」という形式です

所有権エンティティのいずれかがすでに所有されている場合は '-force オプションを含める必要があります