日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アグリゲート内のスペースを作成する方法

寄稿者

アグリゲートの空きスペースがなくなると、データが失われたり、ボリュームのギャランティが無効になるなど、さまざまな問題が発生することがあります。アグリゲートのスペースを増やす方法はいくつかあります。

どの方法にもさまざまな影響があります。対処を実行する前に、ドキュメントの関連するセクションをお読みください。

アグリゲートのスペースを確保するための一般的ないくつかの方法について、影響が小さいものから順に次に示します。

  • アグリゲートにディスクを追加します。

  • 使用可能なスペースがある別のアグリゲートに一部のボリュームを移動します。

  • アグリゲート内のボリュームギャランティが設定されたボリュームのサイズを縮小する。

    これは、手動で行うことも、オートサイズ機能の「 autoshrink 」オプションを使用して行うこともできます。

  • 大量のスペースを使用しているボリューム(大容量のリザーブファイルがある volume ギャランティタイプのボリューム)のギャランティタイプを「 none 」に変更して、アグリゲート内でそのボリュームが占めるスペースを少なくする。

    ギャランティタイプが「 none 」のボリュームは、ギャランティタイプが「 volume 」のボリュームよりもアグリゲートの占有量が小さくなります。

  • ボリュームのギャランティ・タイプが「 none 」の場合は、不要なボリュームの Snapshot コピーを削除します。

  • 不要なボリュームを削除する。

  • 重複排除や圧縮などのスペース削減機能を有効にします。

  • 大量のメタデータを使用している機能を(一時的に)無効にする。