日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

volume move コマンドの実行権限を委譲します

寄稿者

volume move コマンドを使用して、既存のボリュームの暗号化、暗号化されたボリュームの移動、ボリュームの暗号化解除を行うことができます。クラスタ管理者は、 volume move コマンドを自分で実行できるほか、コマンドの実行権限を SVM 管理者に委譲することもできます。

SVM 管理者には、デフォルトで「 vsadmin 」ロールが割り当てられます。このロールには、ボリュームを移動する権限は含まれていません。「 volume move 」コマンドの実行を SVM 管理者に許可するには、「 vsadmin-volume 」ロールを SVM 管理者に割り当てる必要があります。

ステップ
  1. volume move コマンドを実行する権限を委任します

    「 securitylogin modify -vserver svm_name -user-or-group-name user_name -application application-authmethod authentication_method-role vsadmin-volume

    コマンド構文全体については、コマンドのマニュアルページを参照してください。

    次のコマンドは、 SVM 管理者に「 volume move 」コマンドの実行権限を付与します。

    cluster1::>security login modify -vserver engData -user-or-group-name SVM-admin -application ssh -authmethod domain -role vsadmin-volume