日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

暗号化されたボリュームを削除する

寄稿者

volume delete コマンドを使用して、暗号化されたボリュームを削除できます。

必要なもの
  • このタスクを実行するには、クラスタ管理者であるか、クラスタ管理者から権限を委譲された SVM 管理者である必要があります。

  • ボリュームはオフラインである必要があります。

ステップ
  1. 暗号化されたボリュームを削除します。

    volume delete -vserver svm_name -volume volume_name

    コマンド構文全体については、コマンドのマニュアルページを参照してください。

    次のコマンドでは、「 vol1 」という名前の暗号化されたボリュームを削除します。

    cluster1::> volume delete -vserver vs1 -volume vol1

    削除を確認するプロンプトが表示されたら 'yes' と入力します

    24 時間後にボリュームの暗号化キーが削除されます。

    ボリュームを削除し ' 対応する暗号化キーをただちに破棄するには 'volume delete を '-force true オプションとともに使用しますこのコマンドには advanced 権限が必要です。詳細については、のマニュアルページを参照してください。

volume recovery-queue コマンドを使用すると 'volume delete コマンドを発行した後 ' 保持期間中に削除されたボリュームをリカバリできます

'volume recovery-queue svm_name -volume volume_name