日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.7 以降では、暗号化をデフォルトで無効にします

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9.7 以降では、ボリューム暗号化( VE )ライセンスがあり、オンボードキーマネージャまたは外部キーマネージャを使用している場合、アグリゲートとボリューム暗号化がデフォルトで有効になります。必要に応じて、暗号化をデフォルトで無効にできます。

このタスクを実行するには、クラスタ管理者であるか、クラスタ管理者から権限を委譲された SVM 管理者である必要があります。

ステップ
  1. ONTAP 9.7 以降で暗号化をデフォルトで無効にするには、次のコマンドを実行します。

    options -option-name encryption.data_at_rest_encryption.disable_by_default -vserver ( vservername または * for all ) -option-value on `

    コマンド構文全体については、コマンドのマニュアルページを参照してください。