日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FabricPool を使用したアグリゲートの管理用コマンド

寄稿者 netapp-thomi

「 storage aggregate object-store 」コマンドを使用して、 FabricPool のオブジェクトストアを管理します。「 storage aggregate 」コマンドを使用して、 FabricPool のアグリゲートを管理します。FabricPool のボリュームを管理するには 'volume' コマンドを使用します

状況

使用するコマンド

オブジェクトストアの設定を定義して、 ONTAP からアクセスできるようにします

「 storage aggregate object-store config create 」を参照してください

オブジェクトストア設定の属性を変更する

「 storage aggregate object-store config modify 」を参照してください

既存のオブジェクトストア設定の名前を変更する

「 storage aggregate object-store config rename 」を参照してください

オブジェクトストアの設定を削除する

「 storage aggregate object-store config delete 」を参照してください

オブジェクトストア設定のリストを表示します

「 storage aggregate object-store config show 」を参照してください

新規または既存の FabricPool にミラーとして 2 つ目のオブジェクトストアを接続します

admin 権限レベルで '-aggregate' パラメータと -name' パラメータを指定した storage aggregate object-store mirror

既存の FabricPool ミラーからオブジェクトストアミラーを削除する

admin 権限レベルで '-aggregate' パラメータと -name' パラメータを指定した storage aggregate object-store unmirror

FabricPool ミラー再同期ステータスを監視します

「 storage aggregate object-store show-resync-status 」を参照してください

FabricPool ミラーの詳細を表示します

「 storage aggregate object-store show 」を参照してください

FabricPool ミラー構成でオブジェクトストアミラーを昇格してプライマリオブジェクトストアを置き換えます

admin 権限レベルで「 -aggregate 」パラメータを指定した「 storage aggregate object-store modify 」

オブジェクトストアをアグリゲートに接続せずにオブジェクトストアのレイテンシとパフォーマンスをテストする

「 storage aggregate object-store profiler start 」には、 advanced 権限レベルで「 -object-store-name 」パラメータと「 -node 」パラメータを指定します

オブジェクトストアプロファイラのステータスを監視する

「 storage aggregate object-store profiler show 」には、 advanced 権限レベルで「 -object-store-name 」パラメータと「 -node 」パラメータが含まれています

実行中のオブジェクトストアプロファイラを中止します

'storage aggregate object-store profiler abort' with the `-object-store-name' and `-node ’ parameter in the advanced privilege level

FabricPool を使用するために、オブジェクトストアをアグリゲートに接続します

「 storage aggregate object-store attach 」を参照してください

FabricPool を使用するために、 FlexGroup ボリュームを含むアグリゲートにオブジェクトストアを接続します

「 allow-flexgroup 」「 true 」を指定した「 storage aggregate object-store attach

FabricPool 対応アグリゲートに接続されているオブジェクトストアの詳細を表示します

「 storage aggregate object-store show 」を参照してください

階層化スキャンで使用されるアグリゲートのスペース不足しきい値を表示します

「 storage aggregate object-store show 」の advanced 権限レベルで「 -fields tiering-fullness-threshold 」パラメータを使用して表示します

FabricPool 対応アグリゲートに接続されているオブジェクトストアのスペース使用量を表示します

「 storage aggregate object-store show-space 」を参照してください

FabricPool で使用されていないアグリゲートで Inactive Data Reporting を有効にする

'storage aggregate modify' には '-is-inactive-data-reporting-enabled `true' パラメータを指定します

アグリゲートでアクセス頻度の低いデータのレポートが有効になっているかどうかを表示する

「 -fields is-inactive-data-reporting-enabled 」パラメータを使用した「 storage aggregate show

アグリゲート内のコールドユーザデータの量に関する情報を表示します

「 -fields performance-tier-inactive-user-data 、 performance-tier-inactive-user-data-percent 」パラメータを指定した「 storage aggregate show-space

次の項目を指定して、 FabricPool 用のボリュームを作成します。

  • 階層化ポリシー

  • 階層化の最小クーリング期間(「スナップショットのみ」または「自動」階層化ポリシーの場合)

'volume create'

  • 階層化ポリシーを指定するには '-tiering-policy パラメータを使用します

  • 階層化の最小クーリング期間を指定するには、 advanced 権限レベルで -tiering-minimum-cooling-days パラメータを使用します。

FabricPool のボリュームを変更し、以下を変更する

  • 階層化ポリシー

  • 階層化の最小クーリング期間(「スナップショットのみ」または「自動」階層化ポリシーの場合)

'volume modify'

  • 階層化ポリシーを指定するには '-tiering-policy パラメータを使用します

  • 階層化の最小クーリング期間を指定するには、 advanced 権限レベルで -tiering-minimum-cooling-days パラメータを使用します。

次のような、ボリュームに関連する FabricPool 情報を表示する

  • 階層化の最小クーリング期間

  • コールドユーザデータの量

volume show

  • 階層化の最小クーリング期間を表示するには、 advanced 権限レベルで「 -fields tiering-minimum-cooling-days 」パラメータを使用します。

  • コールドユーザデータの量を表示するには '-fields performance-tier-inactive-user-data 、 performance-tier-inactive-user-data-percent パラメータを使用します

ボリュームを FabricPool の内外に移動します

volume move start -tiering-policy オプションパラメータを使用して ' ボリュームの階層化ポリシーを指定します

FabricPool で参照されていないスペースを再生するしきい値(デフラグしきい値)を変更します

「 storage aggregate object-store modify 」には、 advanced 権限レベルで「 -unReclaimed-space-threshold 」パラメータを指定しています

階層化スキャンで FabricPool のデータ階層化を開始する前に、アグリゲートの使用率のしきい値を変更します

FabricPool は、ローカル階層の容量が 98% に達するまで、コールドデータをクラウド階層に階層化し続けます。

「 storage aggregate object-store modify 」には、 advanced 権限レベルで -tiering-fullness-threshold パラメータを指定しています

FabricPool で参照されていないスペースを再生するしきい値を表示します

「 storage aggregate object-store show 」または「 storage aggregate object-store show-space 」コマンドに、 advanced 権限レベルで「 -unReclaimed-space-threshold 」パラメータを指定しました