日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID の設定情報を指定します

寄稿者 netapp-forry

ONTAP 9.2 以降を実行している場合は、 StorageGRID を FabricPool のクラウド階層としてセットアップできます。SAN プロトコルがアクセスするデータを階層化する場合は、接続に関する考慮事項があるため、 StorageGRID などのプライベートクラウドを使用することを推奨します。

ONTAP 9.8 以降では、 StorageGRID に対してロードバランシングが有効になっています。サーバのホスト名が複数の IP アドレスに解決される場合、 ONTAP は、返されるすべての IP アドレス(最大 16 個の IP アドレス)とのクライアント接続を確立します。接続が確立されると、 IP アドレスはラウンドロビン方式でピックアップされます。

手順
  1. 「 -provider-type `s gws 」パラメータを指定して「 storage aggregate object-store config create 」コマンドを使用し、 StorageGRID の設定情報を指定します。

    • 指定された情報で ONTAP から StorageGRID にアクセスできない場合、「 storage aggregate object-store config create 」コマンドが失敗します。

    • access-key' パラメータを使用して、 StorageGRID オブジェクトストアへの要求を認証するためのアクセスキーを指定します。

    • 「 -secret-password 」パラメータを使用して、 StorageGRID オブジェクトストアへの要求を認証するためのパスワード(シークレットアクセスキー)を指定します。

    • StorageGRID パスワードが変更された場合は、 ONTAP に格納されている対応するパスワードをただちに更新する必要があります。

      これにより、 ONTAP は引き続き StorageGRID 内のデータにアクセスできます。

    • is-certificate-validation-enabled パラメータを「 false 」に設定すると、 StorageGRID の証明書チェックが無効になります。

    cluster1::> storage aggregate object-store config create
    -object-store-name mySGWS -provider-type SGWS -server mySGWSserver
    -container-name mySGWScontainer -access-key mySGWSkey
    -secret-password mySGWSpass
  2. 「 storage aggregate object-store config show 」コマンドを使用して、 StorageGRID の設定情報を表示して確認します。

    「 storage aggregate object-store config modify 」コマンドを使用すると、 FabricPool の StorageGRID 設定情報を変更できます。