日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexVol ボリュームから FlexGroup ボリュームへの変換の概要を参照してください

寄稿者 netapp-thomi netapp-lenida

FlexVol ボリュームをそのスペース制限を超えて拡張する場合は、 FlexVol ボリュームを FlexGroup ボリュームに変換できます。ONTAP 9.7 以降では、スタンドアロンの FlexVol ボリュームや SnapMirror 関係にある FlexVol ボリュームを FlexGroup ボリュームに変換できます。

FlexVol ボリュームを FlexGroup ボリュームに変換する際の考慮事項

FlexVol ボリュームを FlexGroup ボリュームに変換する前に、サポートされる機能と処理を確認しておく必要があります。

変換中は処理がサポートされません

ボリューム変換の実行中は、次の処理は実行できません。

  • ボリューム移動

  • アグリゲートの自動負荷分散

  • アグリゲートの再配置

  • ハイアベイラビリティ構成での計画的なテイクオーバーとギブバック

  • ハイアベイラビリティ構成での手動および自動のギブバック

  • クラスタのアップグレードとリバート

  • FlexClone ボリュームのスプリット

  • ボリュームをリホスト

  • ボリュームの変更とオートサイズ

  • ボリュームの名前を変更

  • アグリゲートにオブジェクトストアを接続しています

  • MetroCluster 構成でのネゴシエートスイッチオーバー

  • SnapMirror 処理

  • Snapshot コピーからのリストア

  • クォータの処理

  • ストレージ効率化の処理

これらの処理は、変換の完了後に FlexGroup ボリュームに対して実行できます。

FlexGroup ボリュームでサポートされない構成

  • オフラインまたは制限状態のボリューム

  • SVM ルートボリューム

  • SnapLock ボリューム

  • SAN

  • SMB 1.0

  • NVMe ネームスペース

  • リモートの Volume Shadow Copy Service ( VSS ;ボリュームシャドウコピーサービス)