日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームの SVM 保護を無効にする

寄稿者

FlexGroup ボリュームで SVM DR フラグを「 protected 」に設定すると、このフラグを unprotected に設定して、 FlexGroup ボリューム上の SVM DR 「 protection 」を無効にすることができます。

必要なもの
  • プライマリとセカンダリの間の SVM DR 関係は正常な状態です。

  • SVM DR 保護パラメータは「 protected 」に設定されます。

手順
  1. 「 volume modify 」コマンドを使用して保護を無効にし、 FlexGroup ボリュームの「 vserver-dr-protection 」パラメータを「 unprotected 」に変更します。

    cluster2::> volume modify -vserver vs1 -volume fg_src -vserver-dr-protection unprotected
    [Job 5384] Job is queued: Modify fg_src.
    [Job 5384] Steps completed: 4 of 4.
    cluster2::>
  2. セカンダリサイトで SVM を更新します。「 snapmirror update -destination-path destination_svm_name : -source-path source_svm_name :

  3. SnapMirror 関係が正常であることを確認します。「 snapmirror show 」

  4. FlexGroup SnapMirror 関係が削除されたことを確認します。「 snapmirror show -expand 」