日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームで Storage Efficiency を有効にします

寄稿者

FlexGroup に重複排除とデータ圧縮を一緒に、または個別に実行して、最善のスペース削減効果を得ることができます。

FlexGroup はオンラインである必要があります。

手順
  1. FlexGroup ボリュームで Storage Efficiency を有効にします。 'volume efficiency on -vserver SVM_name -volume volume_name '

    Storage Efficiency 処理は、 FlexGroup のすべてのコンスティチュエントで有効になります。

    ボリュームで Storage Efficiency を有効にしたあとに FlexGroup ボリュームを拡張した場合は、新しいコンスティチュエントでも Storage Efficiency が自動的に有効になります。

  2. volume efficiency modify コマンドを使用して、 FlexGroup ボリュームで必要な Storage Efficiency 処理を有効にします。

    FlexGroup ボリュームでは、インライン重複排除、ポストプロセス重複排除、インライン圧縮、およびポストプロセス圧縮を有効にすることができます。FlexGroup ボリュームに対して圧縮形式(二次圧縮またはアダプティブ圧縮)を設定し、スケジュールや効率化ポリシーを指定することもできます。

  3. Storage Efficiency 処理の実行にスケジュールや効率化ポリシーを使用していない場合は、効率化処理を開始します。 volume efficiency start -vserver SVM_name -volume volume_name

    重複排除とデータ圧縮が有効になっている場合は、最初にデータ圧縮が実行され、続けて重複排除が実行されます。FlexGroup ボリュームですでにいずれかの効率化処理がアクティブになっている場合、このコマンドは失敗します。

  4. FlexGroup ボリュームで有効になっている効率化処理を確認します。 volume efficiency show -vserver SVM_name -volume volume_name

    cluster1::> volume efficiency show -vserver vs1 -volume fg1
                 Vserver Name: vs1
                  Volume Name: fg1
                  Volume Path: /vol/fg1
                        State: Enabled
                       Status: Idle
                     Progress: Idle for 17:07:25
                         Type: Regular
                     Schedule: sun-sat@0
    
    ...
    
                 Compression: true
          Inline Compression: true
    Incompressible Data Detection: false
          Constituent Volume: false
    Compression Quick Check File Size: 524288000
               Inline Dedupe: true
             Data Compaction: false