日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームで SVM 保護を有効にします

寄稿者

FlexGroup ボリュームで SVM DR 保護フラグを「 unprotected 」に設定すると、 SVM DR 保護を有効にするフラグを「 protected 」に設定できます。

必要なもの
  • プライマリとセカンダリの間の SVM DR 関係は正常な状態です。

  • SVM DR 保護パラメータは「 unprotected 」に設定されます。

手順
  1. 「 volume modify 」を使用して FlexGroup ボリュームの「 vserver-dr-protection 」パラメータを「 protected 」に変更し、保護を有効にします。

    cluster2::> volume modify -vserver vs1 -volume fg_src -vserver-dr-protection protected
    [Job 5384] Job is queued: Modify fg_src.
    [Job 5384] Steps completed: 4 of 4.
    cluster2::>
  2. セカンダリサイトで SVM を更新します。「 snapmirror update -destination-path destination_svm_name -source-path source_svm_name

    snapmirror update -destination-path vs1_dst: -source-path vs1:
  3. SnapMirror 関係が正常であることを確認します。「 snapmirror show 」

    cluster2::> snapmirror show
                                                                           Progress
    Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last
    Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated
    ----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------
    vs1:        XDP  vs1_dst:     Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
  4. FlexGroup の SnapMirror 関係が正常であることを確認します。「 snapmirror show -expand 」

    cluster2::> snapmirror show -expand
                                                                           Progress
    Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last
    Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated
    ----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------
    vs1:        XDP  vs1_dst:     Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vs1:fg_src  XDP  vs1_dst:fg_src
                                  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vs1:fg_src__0001
                XDP  vs1_dst:fg_src__0001
                                  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vs1:fg_src__0002
                XDP  vs1_dst:fg_src__0002
                                  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vs1:fg_src__0003
                XDP  vs1_dst:fg_src__0003
                                  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    vs1:fg_src__0004
                XDP  vs1_dst:fg_src__0004
                                  Snapmirrored
                                          Idle           -         true    -
    6 entries were displayed.