日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror 関係のデスティネーション FlexGroup ボリュームを拡張します

寄稿者

デスティネーション FlexGroup ボリュームの拡張と SnapMirror 関係の再確立は、自動または手動で実行できます。デフォルトでは、 SnapMirror 関係は自動拡張用に設定されており、ソースボリュームが拡張されるとデスティネーション FlexGroup ボリュームも自動的に拡張されます。

必要なもの
  • ソース FlexGroup ボリュームが拡張されている必要があります。

  • SnapMirror 関係は「 S napmirred 」状態である必要があります。

    SnapMirror 関係が解除または削除されていない必要があります。

このタスクについて
  • デスティネーション FlexGroup ボリュームを作成すると、そのボリュームにはデフォルトで自動拡張が設定されます。

    必要に応じて、デスティネーション FlexGroup ボリュームを手動拡張に変更できます。

    注記

    デスティネーション FlexGroup ボリュームは自動的に拡張することを推奨します。

  • ソースの FlexGroup ボリュームとデスティネーションの FlexGroup ボリュームの拡張が完了し、コンスティチュエントの数が同じになるまでは、すべての SnapMirror 処理が失敗します。

  • SnapMirror 関係を解除または削除したあとにデスティネーション FlexGroup ボリュームを拡張した場合、元の関係を再同期することはできません。

    デスティネーション FlexGroup ボリュームを再利用する場合は、 SnapMirror 関係の削除後にボリュームを拡張しないでください。

選択肢
  • 更新の転送を実行し、デスティネーション FlexGroup ボリュームを自動的に拡張します。

    1. SnapMirror 更新の転送を実行します。「 snapmirror update -destination-path SVM : vol_name

    2. SnapMirror 関係の状態が「 SnapManager napmirred 」状態であることを確認します。「 'napmirror show'

      cluster2::> snapmirror show
                                                                             Progress
      Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last
      Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated
      ----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------
      vs_src:src_fg
                  XDP  vs_dst:dst_fg
                                    Snapmirrored
                                            Idle           -         true   -

    アグリゲートのサイズと可用性に基づいてアグリゲートが自動的に選択され、ソース FlexGroup のコンスティチュエントに一致する新しいコンスティチュエントがデスティネーション FlexGroup ボリュームに追加されます。拡張の完了後、再同期処理が自動的に開始されます。

  • デスティネーション FlexGroup ボリュームを手動で拡張します。

    1. SnapMirror 関係が自動拡張モードになっている場合は、 SnapMirror 関係を手動拡張モードに設定します。「 snapmirror modify -destination-path SVM : vol_name -is-auto-expand-enabled false

      cluster2::> snapmirror modify -destination-path vs_dst:dst_fg -is-auto-expand-enabled false
      Operation succeeded: snapmirror modify for the relationship with destination "vs_dst:dst_fg".
    2. SnapMirror 関係を休止します。「 snapmirror quiesce -destination-path SVM : vol_name

      cluster2::> snapmirror quiesce -destination-path vs_dst:dst_fg
      Operation succeeded: snapmirror quiesce for destination "vs_dst:dst_fg".
    3. デスティネーション FlexGroup ボリュームを展開します。 ` + volume expand -vserver vserver_name -volume fg_name -aggr-list aggregate name 、…… [-aggr-list-multiplier constituents _ per _aggr] + `

      cluster2::> volume expand -volume dst_fg -aggr-list aggr1 -aggr-list-multiplier 2  -vserver vs_dst
      
      Warning: The following number of constituents of size 50GB will be added to FlexGroup "dst_fg": 2.
      Do you want to continue? {y|n}: y
      [Job 68] Job succeeded: Successful
    4. SnapMirror 関係を再同期します。「 snapmirror resync -destination-path SVM : vol_name

      cluster2::> snapmirror resync -destination-path vs_dst:dst_fg
      Operation is queued: snapmirror resync to destination "vs_dst:dst_fg".
    5. SnapMirror 関係のステータスが「 S napMirror show 」になっていることを確認します

      cluster2::> snapmirror show
                                                                             Progress
      Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last
      Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated
      ----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------
      vs_src:src_fg
                  XDP  vs_dst:dst_fg
                                    Snapmirrored
                                            Idle           -         true   -