日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror 関係にある FlexGroup ボリュームを展開します

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP 9.3 以降では、 SnapMirror 関係にあるソースの FlexGroup ボリュームとデスティネーションの FlexGroup ボリュームに新しいコンスティチュエントを追加することで、それらのボリュームを拡張することができます。デスティネーションボリュームは、手動で拡張することも自動で拡張することもできます。

このタスクについて
  • 拡張後、 SnapMirror 関係のソース FlexGroup ボリュームとデスティネーション FlexGroup ボリュームでコンスティチュエントの数が一致している必要があります。

    ボリューム内のコンスティチュエントの数が一致していないと、 SnapMirror 転送は失敗します。

  • 拡張プロセスの実行中は SnapMirror 処理は実行しないでください。

  • 拡張プロセスが完了する前に災害が発生した場合は、 SnapMirror 関係を解除し、その処理が完了するまで待つ必要があります。

    注記

    拡張プロセスの実行中に SnapMirror 関係を解除するのは、災害が発生した場合のみにしてください。災害が発生した場合の解除処理にはしばらく時間がかかることがあります。解除処理が完了してから再同期処理を実行するようにしてください。解除処理が失敗した場合は、解除処理を再試行する必要があります。解除処理に失敗すると、一部の新しいコンスティチュエントがデスティネーション FlexGroup ボリュームに残ることがあります。処理を進める前に、それらのコンスティチュエントを手動で削除することを推奨します。