• ホーム
  • ドキュメント
  • ONTAP 9
  • FlexGroup ボリュームの SnapVault バックアップ関係および一元化されたデータ保護関係を作成する際の考慮事項について説明します
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexGroup ボリュームの SnapVault バックアップ関係および一元化されたデータ保護関係を作成する際の考慮事項について説明します

寄稿者

FlexGroup ボリュームの SnapVault バックアップ関係および一元化されたデータ保護関係の作成に関する考慮事項を確認しておく必要があります。

  • SnapVault バックアップ関係および一元化されたデータ保護関係は、「 -preserve 」オプションを使用して再同期できます。このオプションを使用すると、最新の共通の Snapshot コピーよりも新しい Snapshot コピーをデスティネーションボリュームに保持できます。

  • 長期保持は FlexGroup ボリュームではサポートされません。

    長期保持では Snapshot コピーをデスティネーションボリュームに直接作成でき、ソースボリュームに格納する必要はありません。

  • Storage Efficiency は、 SnapVault バックアップ関係および一元化されたデータ保護関係のデスティネーション FlexGroup には設定できません。

  • FlexGroup バックアップ関係および SnapVault ボリュームの一元化されたデータ保護関係の Snapshot コピーは、名前を変更できません。

  • 1 つの FlexGroup ボリュームをソースボリュームにできるのは、 1 つのバックアップ関係またはリストア関係だけです。

    2 つの SnapVault 関係、 2 つのリストア関係、または SnapVault バックアップ関係とリストア関係のソースにすることはできません。 FlexGroup

  • ソース FlexGroup ボリュームで Snapshot コピーを削除したあとに同じ名前で Snapshot コピーを作成した場合、デスティネーションボリュームに同じ名前の Snapshot コピーがあると、デスティネーション FlexGroup ボリュームへの次回の更新転送が失敗します。

    これは、 FlexGroup ボリュームの Snapshot コピーの名前は変更できないためです。