日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既存の FlexGroup SnapMirror 関係を SVM DR に移行します

寄稿者

FlexGroup SVM DR 関係を作成するには、既存の FlexGroup Volume SnapMirror 関係を移行します。

必要なもの
  • FlexGroup Volume SnapMirror 関係は正常な状態です。

  • ソース FlexGroup ボリュームとデスティネーション ボリュームの名前が同じです。

手順
  1. SnapMirror デスティネーションから、 FlexGroup レベルの SnapMirror 関係「 snapmirror resync 」を再同期します

  2. FlexGroup SVM DR SnapMirror 関係を作成します。「 snapmirror create -policy DPDefault -identity-preserve true -destination-path dest_SVM : dest_flexgroup -source-path src_svm : src_flexgroup

  3. 関係が解除されたことを確認します。「 snapmirror show -destination-path dest_SVM : dest_flexgroup -source-path src_svm : src_flexgroup 」

    snapmirror show -destination-path fg_vs_renamed: -source-path fg_vs:
    
                                                                           Progress
    Source            Destination Mirror  Relationship   Total             Last
    Path        Type  Path        State   Status         Progress  Healthy Updated
    ----------- ---- ------------ ------- -------------- --------- ------- --------
    fg_vs:        XDP  fg_vs1_renamed:     Broken-off
                                          Idle           -         true   -
  4. デスティネーション SVM を停止します。 vserver stop -vserver vs_name

    vserver stop -vserver fg_vs_renamed
    [Job 245] Job is queued: Vserver Stop fg_vs_renamed.
    [Job 245] Done
  5. SVM の SnapMirror 関係を再同期します。「 snapmirror resync -destination-path dest_SVM : dest_flexgroup -source-path src_SVM : src_flexgroup

    snapmirror resync -destination-path fg_vs_renamed: -source-path fg_vs:
    Warning: This Vserver has volumes which are the destination of FlexVol or FlexGroup SnapMirror relationships. A resync on the Vserver SnapMirror relationship will cause disruptions in data access
  6. SVM DR レベルの SnapMirror 関係が正常なアイドル状態に達したことを確認します。「 snapmirror show-expand 」

  7. FlexGroup の SnapMirror 関係が「 SnapMirro show 」の状態であることを確認します