日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

自動テイクオーバーのコマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

自動テイクオーバーは、サポート対象のすべての NetApp FAS 、 AFF 、 ASA プラットフォームでデフォルトで有効になります。パートナーノードのリブート、パニック、または停止時に自動テイクオーバーが実行されるタイミングについては、デフォルトの動作を変更したり制御したりする必要があります。

テイクオーバーを自動で実行するパートナーノードの状況 使用するコマンド

リブートまたは停止します

「 storage failover modify ‑ node nodename ‑ onreboot true 」

パニック

「 storage failover modify ‑ node nodename ‑ onpanic true 」です

テイクオーバー機能が無効になっている場合は、 E メール通知を有効にします

テイクオーバー機能が無効になった場合に通知を受け取るようにするには、「 takeover impossible 」 EMS メッセージの自動 E メール通知を有効にするようにシステムを設定する必要があります。

  • 「 ha テイクオーバー・インパバージョン」

  • 「 ha テイクオーバー・インパクト・ロウ・ム」

  • 「 ha テイクオーバー・インパデグレード」

  • 「 h.テイク オーバー・インプ同期」

  • 「 h.テイク オーバーインピー」

  • 「 her.テイク オーバーインホシェルフ」

  • 「 ha. テイクオーバー・メモ・デフ」