日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ステージングファイルの監査レコードのサイズに関する制限

寄稿者

ステージングファイルの監査レコードのサイズは、 32KB 以下にする必要があります。

大規模な監査レコードが発生する可能性がある場合

次のいずれかのシナリオで、管理の監査時に大規模な監査レコードが発生することがあります。

  • 多数のユーザを含むグループに対してユーザを追加または削除する。

  • 多数のファイル共有ユーザを含むファイル共有に対して、ファイル共有アクセス制御リスト( ACL )を追加または削除する。

  • その他のシナリオ。

この問題を回避するには、管理監査を無効にしてください。これを行うには、監査設定を変更し、監査イベントタイプのリストから次の項目を削除します。

  • ファイル共有

  • ユーザアカウント

  • セキュリティグループ

  • 認証ポリシー変更

    削除すると、ファイルサービスの監査サブシステムで監査されなくなります。

大きすぎる監査レコードの影響

  • 監査レコードのサイズが大きすぎる( 32KB を超える)場合、監査レコードは作成されず、監査サブシステムによって次のような Event Management System ( EMS ;イベント管理システム)メッセージが生成されます。

    File Services 監査サブシステムは 'max_audit_record_size 値を超えていたため ' 操作に失敗したか ' 監査レコードを切り捨てましたSVM UUID = %s 、 event_id = %u 、サイズ = %u

    監査が保証されている場合は、監査レコードを作成できないためにファイル処理が失敗します。

  • 監査レコードのサイズが 9 、 999 バイトを超える場合は、上記と同じ EMS メッセージが表示されます。部分的な監査レコードが作成され、指定した値よりも大きな値が欠落します。

  • 監査レコードが 2 、 000 文字を超えている場合は、実際の値ではなく次のエラーメッセージが表示されます。

    「このフィールドの値が長すぎて表示できませんでした。