日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ID が保持されない設定の SVM ディザスタリカバリ関係では、証明書がレプリケートされません

寄稿者

FPolicy サーバへの接続確立時の SSL 認証に使用されるセキュリティ証明書は、 ID が保持されない設定の SVM ディザスタリカバリ先に複製されません。SVM 上の FPolicy 外部エンジンの設定は複製されますが、セキュリティ証明書は複製されません。セキュリティ証明書をデスティネーションに手動でインストールする必要があります。

SVM ディザスタリカバリ関係を設定するときに、「 snapmirror-create 」コマンドの「 -identity-preserve 」オプションに指定する値によって、デスティネーション SVM でレプリケートされる設定の詳細が決まります。

「 -identity-preserve 」オプションを「 true 」( ID 保持)に設定すると、セキュリティ証明書情報を含め、 FPolicy の設定の詳細がすべて複製されます。セキュリティ証明書をインストールする必要があるのは、オプションを「 false 」に設定した場合( ID を保持しない場合)だけです。