日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

監査の設定を削除します

寄稿者

Storage Virtual Machine ( SVM )でのファイルおよびディレクトリイベントの監査が必要なくなり、 SVM で監査の設定を維持する必要がなくなった場合は、監査の設定を削除できます。

手順
  1. 監査の設定を無効にします。

    「 vserver audit disable -vserver vserver_name 」のように指定します

    「 vserver audit disable -vserver vs1 」のように指定します

  2. 監査の設定を削除します。

    「 vserver audit delete -vserver vserver_name 」のように指定します

    「 vserver audit delete -vserver vs1 」のように指定します