日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

セキュリティトレースレコードを削除します

寄稿者

セキュリティトレースレコードを使用したファイルアクセスセキュリティの検証や、 SMB または NFS のクライアントアクセスに関する問題のトラブルシューティングが完了したら、セキュリティトレースのログからセキュリティトレースレコードを削除できます。

セキュリティトレースレコードを削除する前に、レコードのシーケンス番号を確認しておく必要があります。

注記

各 Storage Virtual Machine ( SVM )には、最大 128 件のトレースレコードを保存できます。SVM でこの上限に達した場合、最も古いトレースレコードが自動的に削除されて、新しいレコードが追加されます。したがって、 SVM のトレースレコードを手動で削除しなくても、上限に達したときに、 ONTAP によって自動的に最も古いトレース結果を削除して新しい結果用のスペースを確保することができます。

手順
  1. 削除するレコードのシーケンス番号を指定します。

    vserver security trace trace-result show -vserver vserver_name -instance です

  2. セキュリティトレースレコードを削除します。

    vserver security trace trace-result delete -node node_name -vserver vserver_name -seqnum integer

    vserver security trace trace-result delete -vserver vs1 -node node1 -seqnum 999`

    • `-node `node_name は ' 削除するパーミッショントレーシングイベントが発生したクラスタノードの名前です

      これは必須パラメータです。

    • `-vserver`vserver_name は、削除するパーミッショントレーシングイベントが発生した SVM の名前です。

      これは必須パラメータです。

    • 「 -seqnum`integer 」は、削除するログイベントのシーケンス番号です。

      これは必須パラメータです。