日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

権限付きデータアクセスチャネルでの FPolicy 接続クレデンシャルの使用方法

寄稿者

FPolicy サーバは、 FPolicy の設定で保存されている特定の Windows ユーザクレデンシャルを使用して、クラスタノードへの権限付きデータアクセス接続を確立します。権限付きデータアクセスチャネル接続の確立用としてサポートされているプロトコルは、 SMB だけです。

FPolicy サーバで権限付きデータアクセスが必要とされる場合は、次の条件を満たす必要があります。

  • クラスタで CIFS ライセンスが有効になっている必要があります。

  • FPolicy サーバが FPolicy の設定で指定されたクレデンシャルで実行されている。

データチャネル接続を確立するとき、 FPolicy では、指定された Windows ユーザ名のクレデンシャルが使用されます。データアクセスは、管理共有 ONTAP_ADMIN$ を介して確立されます。