日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FPolicy ポリシーで標準のエンジンを使用する場合の FPolicy スコープ設定の要件

寄稿者

標準のエンジンを使用するように FPolicy ポリシーを設定する場合には、ポリシーで設定される FPolicy スコープの定義方法に関して特定の要件があります。

FPolicy スコープは、 FPolicy 環境で指定されたボリュームや共有など、 FPolicy ポリシーが適用される範囲の境界を定義します。FPolicy ポリシーが適用されるスコープをさらに制限するためのパラメータが多数あります。これらのパラメータの 1 つである「 -is-file-extension-check-on-directories-enabled 」では、ディレクトリ上のファイル拡張子をチェックするかどうかを指定します。デフォルト値は「 false 」です。これは、ディレクトリ上のファイル拡張子がチェックされないことを意味します。

標準のエンジンを使用する FPolicy ポリシーが共有またはボリュームで有効になっていて、ポリシーのスコープで「 -is-file-extension-check-on-directories-enabled 」パラメータが「 false 」に設定されている場合、ディレクトリへのアクセスは拒否されます。この設定では、ディレクトリのファイル拡張子はチェックされないため、ポリシーのスコープ下にあるディレクトリ操作はすべて拒否されます。

ネイティブエンジンを使用しているときにディレクトリへのアクセスが成功するようにするには、スコープの作成時に「 -is-file-extension-check-on-directories-enabled 」パラメータを「 true 」に設定する必要があります。

このパラメータを「 true 」に設定すると、ディレクトリ操作に対して拡張子のチェックが行われ、 FPolicy スコープ設定に含まれている拡張子、または除外されている拡張子に基づいてアクセスを許可するか拒否するかが決定されます。