日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM ネームスペースにおける FPolicy サービスの仕組み

寄稿者

ONTAP は、統合 Storage Virtual Machine ( SVM )ネームスペースを提供します。ジャンクションによってクラスタ全体のボリュームを統合し、単一の論理ファイルシステムを実現します。FPolicy サーバはネームスペーストポロジを認識し、ネームスペース全体に FPolicy サービスを提供します。

ネームスペースは SVM に固有のもので、その内部に含まれています。したがって、ネームスペースは SVM コンテキストからのみ表示できます。ネームスペースには次のような特徴があります。

  • 各 SVM には単一のネームスペースが存在します。ネームスペースのルートはルートボリュームで、ネームスペース内ではスラッシュ( / )で表されます。

  • それ以外のボリュームには、ルート( / )より下のジャンクションポイントがあります。

  • ボリュームジャンクションは、クライアントに対して透過的です。

  • 単一の NFS エクスポートは、ネームスペース全体へのアクセスを提供できます。あるいは、エクスポートポリシーで特定のボリュームをエクスポートできます。

  • ネームスペース内のボリューム、ボリューム内の qtree 、またはディレクトリに SMB 共有を作成できます。

  • ネームスペースアーキテクチャは柔軟です。

    一般的なネームスペースアーキテクチャの例を次に示します。

    • ルートからの分岐が 1 つだけのネームスペース

    • ルートからの分岐が複数あるネームスペース

    • ルートから分岐していないボリュームが複数あるネームスペース