日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

権限付きデータアクセスチャネルを使用した同期通信

寄稿者

同期通信では、 FPolicy サーバは、権限付きデータアクセスパスを介して Storage Virtual Machine ( SVM )上のデータにアクセスします。権限付きパスを介したアクセスでは、 FPolicy サーバにファイルシステム全体が公開されます。データファイルにアクセスして、情報の収集、ファイルのスキャン、ファイルの読み取り、ファイルへの書き込みを行うことができます。

外部 FPolicy サーバが権限付きデータチャネルを介して SVM のルートからファイルシステム全体にアクセスできるため、権限付きデータチャネル接続はセキュアである必要があります。