日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リバート時のプロセス

寄稿者

クラスタのリバートを予定している場合は、監査が有効になっている Storage Virtual Machine ( SVM )がクラスタ内に存在するときに ONTAP が従うリバートのプロセスに注意する必要があります。リバートを行う前に特定の操作を実行する必要があります。

CIFS のログオンおよびログオフイベントや集約型アクセスポリシーのステージングイベントの監査をサポートしていないバージョンの ONTAP にリバートする

CIFS のログオンおよびログオフイベントや集約型アクセスポリシーのステージングイベントのサポートは、 clustered Data ONTAP 8.3 から開始されています。これらのイベントタイプをサポートしていないバージョンの ONTAP へのリバートを予定していて、これらのイベントタイプを監視する監査が設定されている場合は、リバートを行う前に、監査が有効になっている SVM の監査の設定を変更する必要があります。設定は、ファイル操作イベントのみが監査されるように変更する必要があります。