日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FPolicy 実装でクラスタコンポーネントが果たす役割

寄稿者

FPolicy の実装においては、クラスタ、それに含まれる Storage Virtual Machine ( SVM )、およびデータ LIF のそれぞれに役割があります。

  • * クラスタ *

    クラスタに含まれる FPolicy の管理フレームワークで、クラスタ内のすべての FPolicy の設定に関する情報の保守と管理を行います。

  • * SVM *

    FPolicy の設定は SVM レベルで定義されます。設定の範囲は SVM であり、 SVM リソースにのみ適用されます。1 つの SVM 設定で、別の SVM にあるデータに対するファイルアクセス要求を監視して通知を送信することはできません。

    FPolicy の設定は管理 SVM で定義できます。管理 SVM で定義した設定は、すべての SVM で表示および使用できます。

  • * データ LIF *

    FPolicy サーバへの接続は、 FPolicy の設定が格納された SVM に属するデータ LIF を通じて行われます。これらの接続に使用されるデータ LIF は、通常のクライアントアクセスに使用されるデータ LIF と同じ方法でフェイルオーバーできます。