日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップアプリケーションを設定

寄稿者

クラスタで NDMP アクセスを設定したら、クラスタ構成から情報を収集し、バックアップアプリケーションで残りのバックアッププロセスを設定する必要があります。

手順
  1. ONTAP で前に設定した次の情報を収集します。

    • バックアップアプリケーションで NDMP 接続を作成するために必要なユーザ名とパスワード

    • バックアップアプリケーションからクラスタに接続するために必要なクラスタ間 LIF の IP アドレス

  2. ONTAP で、「 storage tape alias show 」コマンドを使用して、各デバイスに割り当てられている ONTAP のエイリアスを表示します。

    エイリアスを確認しておくと、バックアップアプリケーションの設定で役立つことがよくあります。

    cluster1::> storage tape show -alias
    
      Device ID: 2a.0
    Device Type: tape drive
    Description: Hewlett-Packard LTO-5
    
    Node                        Alias     Mapping
    --------------------------- --------- ------------------------------
    stsw-3220-4a-4b-02          st2       SN[HU19497WVR]
    ...
  3. バックアップアプリケーションで、バックアップアプリケーションのドキュメントに従って残りのバックアッププロセスを設定します。

ボリューム移動や LIF 移行などのデータ移動イベントが発生した場合に備えて、中断されたバックアップ処理を再初期化できるように準備しておく必要があります。