日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM を対象とした NDMP の概要を設定

寄稿者

DMA が Cluster Aware Backup ( CAB )拡張をサポートしている場合は、 SVM を対象とした NDMP を有効にし、バックアップユーザアカウントを設定し、データ接続と制御接続に使用する LIF を設定することで、クラスタの各ノードでホストされているすべてのボリュームをバックアップできます。

DMA で CAB 拡張がサポートされている必要があります。