日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サブネットのプロパティを変更します

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

既存のサブネットのアドレスとマスク値、ゲートウェイアドレス、 IP アドレスの範囲を変更することができます。

このタスクについて
  • IP アドレスを変更するときは、別々のサブネットまたはホストで同じ IP アドレスが使用されることのないように、ネットワーク内で IP アドレスの範囲が重複しないようにする必要があります。

  • ゲートウェイの IP アドレスを追加または変更した場合は、 LIF を作成するときに、変更したゲートウェイがサブネットを使用して新しい SVM に適用されます。SVM のゲートウェイへのルートがない場合は、デフォルトルートが作成されます。ゲートウェイの IP アドレスを変更した場合は、 SVM に新しいルートを手動で追加する必要があります。

サブネットのプロパティを変更します。

network subnet modify -subnet-name <subnet_name> [-ipspace <ipspace_name>] [-subnet <subnet_address>] [-gateway <gateway_address>] [-ip-ranges <ip_address_list>] [-force-update-lif-associations <true>]
  • 「 ubnet_name 」は、変更するサブネットの名前です。

  • 「 ipspace 」は、サブネットが存在する IPspace の名前です。

  • 「 ubnet 」は、サブネットの新しいアドレスとマスク(該当する場合)です。たとえば、 192.0.2.0/24 のように指定します。

  • 「 gateway 」は、サブネットの新しいゲートウェイ(該当する場合)です。たとえば、 192.0.2.1 のように指定します。「 * 」と入力すると、ゲートウェイのエントリが削除されます。

  • 「 ip_ranges 」は、サブネットに割り当てる IP アドレスの新しいリスト、つまり範囲です(該当する場合)。個別の IP アドレス、 IP アドレスの範囲、またはその組み合わせをカンマで区切って指定できます。ここで指定した範囲によって、既存の IP アドレスが置き換えられます。

  • IP アドレス範囲を変更する場合には、「 force-update-lif-associations 」が必要です。IP アドレスの範囲を変更する場合、このオプションの値を * true * に設定できます。指定した範囲の IP アドレスを使用しているサービスプロセッサまたはネットワークインターフェイスがある場合は、このコマンドが失敗します。この値を * true に設定すると、手動でアドレスが指定されているインターフェイスが現在のサブネットに関連付けられ、コマンドは問題なく実行されます。

次のコマンドは、 sub3 というサブネットのゲートウェイの IP アドレスを変更します。

network subnet modify -subnet-name <sub3> -gateway <192.0.3.1>