日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

フェイルオーバーグループとポリシーを管理するためのコマンドです

寄稿者 netapp-thomi netapp-barbe

フェイルオーバー・グループを管理するには 'network interface failover-groups コマンドを使用しますLIF に適用されるフェイルオーバーグループとフェイルオーバーポリシーを管理するには、「 network interface modify 」コマンドを使用します。

状況

使用するコマンド

フェイルオーバーグループにネットワークポートを追加します

「 network interface failover-groups add-targets 」を指定します

フェイルオーバーグループからネットワークポートを削除します

「 network interface failover-groups remove-targets 」を入力します

フェイルオーバーグループのネットワークポートを変更する

「 network interface failover-groups modify 」を参照してください

現在のフェイルオーバーグループを表示します

「 network interface failover-groups show 」と表示されます

LIF のフェイルオーバーを設定する

「 network interface modify -failover-group-failover-policy 」と入力します

各 LIF で使用されているフェイルオーバーグループとフェイルオーバーポリシーを表示します

network interface show -fields failover-group 、 failover-policy

フェイルオーバーグループの名前を変更します

「 network interface failover-groups rename 」を参照してください

フェイルオーバーグループを削除します

「 network interface failover-groups delete 」のようになります

注記 フェイルオーバーグループを変更した結果、クラスタ内のどの LIF も有効なフェイルオーバーターゲットを持たなくなってしまうと、 LIF がフェイルオーバーしようとしたときにシステムが停止する可能性があります。

詳細については 'network interface failover-groups コマンドと network interface modify コマンドのマニュアルページを参照してください