日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SNMP を管理するためのコマンド

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

SNMP 、トラップ、およびトラップホストの管理には、「 system snmp 」コマンドを使用します。「 security」 コマンドを使用すると、 SVM 単位の SNMP ユーザを管理できます。SNMP トラップに関連するイベントを管理するには 'event' コマンドを使用します

SNMP を設定するためのコマンド

状況 使用するコマンド

クラスタで SNMP を有効にします

管理( mgmt )ファイアウォールポリシーで、 SNMP サービスの options -option-name snmp.enable -option-value を許可する必要があります。SNMP が許可されているかどうかを確認するには、 system services firewall policy show コマンドを使用します。

クラスタで SNMP を無効にします

options -option-name snmp.enable -option-value off

SNMP v1 、 v2c 、および v3 ユーザを管理するコマンド

状況 使用するコマンド

SNMP ユーザを設定する

security login create を実行します

SNMP ユーザを表示します

security snmpusers および security login show -application snmp のように入力します

SNMP ユーザを削除する

security login delete のコマンドを実行します

SNMP ユーザのログイン方法のアクセス制御ロール名を変更します

セキュリティログインの変更

連絡先と場所の情報を提供するコマンド

状況 使用するコマンド

クラスタの連絡先の詳細を表示または変更する

システム SNMP の連絡先

クラスタの場所の詳細を表示または変更する

システム SNMP の場所

SNMP コミュニティを管理するコマンド

状況 使用するコマンド

1 つの SVM 、またはクラスタのすべての SVM に読み取り専用( ro )コミュニティを追加する

system snmp community add コマンド

1 つまたはすべてのコミュニティを削除します

system snmp community delete

すべてのコミュニティのリストを表示します

system snmp community show のコマンドです

SVM は SNMP 標準の一部ではないので、データ LIF でのクエリにはネットアップのルート OID ( 1.3.6.1.4.1.789 )を含める必要があります。たとえば、「 mpwalk -v 2c -c snmpNFS 10.238.19.14 1.3.6.1.4.1.789 」のように指定します。

SNMP オプションの値を表示するコマンド

状況 使用するコマンド

クラスタの連絡先、連絡先、トラップホストを送信するようにクラスタが設定されているかどうか、トラップホストのリスト、コミュニティとアクセス制御の種類のリストなど、すべての SNMP オプションの現在の値を表示します

system snmp show コマンドを実行します

SNMP のトラップおよびトラップホストを管理するコマンド

状況 使用するコマンド

クラスタからの SNMP トラップの送信を有効にします

System SNMP init-init 1 」のように入力します

クラスタからの SNMP トラップの送信を無効にします

System SNMP init-init 0

クラスタの特定のイベントに関する SNMP 通知を受信するトラップホストを追加します

system snmp traphost add コマンドを使用します

トラップホストを削除します

システムの SNMP トラップホストが削除された

トラップホストのリストを表示します

system snmp traphost show を使用します

SNMP トラップに関連するイベントを管理するコマンド

状況 使用するコマンド

SNMP トラップ(ビルトイン)が生成されたイベントを表示します

イベントルートの表示

SNMP に関連するイベントだけを表示するには、 -snmp-support true パラメータを使用します。

イベントが発生した理由や対処方法などの詳しい概要を表示するには、 instance -messagename <message> パラメータを使用します。

個々の SNMP トラップイベントを特定の送信先トラップホストにルーティングすることはできません。すべての SNMP トラップイベントが、すべての送信先トラップホストに送信されます。

SNMP トラップ履歴レコードのリストを表示します。 SNMP トラップに送信されたイベント通知です

イベントのフィリストーリーショー

SNMP トラップ履歴レコードを削除します

イベントの snmphistory delete

「システム SNMP 」、「セキュリティ」、および「イベント」コマンドの詳細については、次のマニュアルページを参照してください。 "ONTAP 9 のコマンド"