日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

フェイルオーバーグループを作成します

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

ネットワークポートのフェイルオーバーグループを作成して、 LIF の現在のポートでリンク障害が発生した場合に、 LIF が別のポートに自動的に移行できるようにします。これにより、システムのネットワークトラフィックがクラスタ内の使用可能な他のポートに再ルーティングされます。

「 network interface failover-groups create 」コマンドを使用して、グループを作成し、そのグループにポートを追加します。

  • フェイルオーバーグループに追加できるポートは、ネットワークポート、 VLAN 、インターフェイスグループ( ifgrp )です。

  • フェイルオーバーグループに追加するポートは、すべて同じブロードキャストドメインに属している必要があります。

  • 1 つのポートを複数のフェイルオーバーグループに含めることができます。

  • 異なる VLAN またはブロードキャストドメインに LIF がある場合は、 VLAN またはブロードキャストドメインごとにフェイルオーバーグループを設定する必要があります。

  • フェイルオーバーグループは、 SAN の iSCSI 環境と FC 環境には適用されません。

フェイルオーバーグループを作成します。

「 network interface failover-groups create -vserver_vserver_name failover-group_failover_group_name targets_ports_list_

  • `_vserver_name _ は、フェイルオーバーグループを使用できる SVM の名前です。

  • `_failover_group_name は ' 作成するフェイルオーバー・グループの名前です

  • `ports_list は ' フェイルオーバーグループに追加するポートのリストですnode_name > : < port_number > という形式でポートを指定してください。たとえば、 node1 : e0c のようになります。

次のコマンドは、 SVM vs3 にフェイルオーバーグループ fg3 を作成してポートを 2 つ追加します。

network interface failover-groups create -vserver vs3 -failover-group fg3 -targets cluster1-01:e0e,cluster1-02:e0e
完了後
  • フェイルオーバーグループを作成したら、 LIF にフェイルオーバーグループを適用する必要があります。

  • 有効なフェイルオーバーターゲットのないフェイルオーバーグループを LIF に設定すると、警告メッセージが表示されます。

    有効なフェイルオーバーターゲットのない LIF がフェイルオーバーしようとすると、システムが停止する可能性があります。