日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サブネットを作成

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

ブロードキャストドメインの作成後、サブネットを作成して IPv4 または IPv6 アドレスの特定のブロックを割り当てます。このサブネットは、あとで SVM の LIF を作成するときに使用します。

そのため、各 LIF の IP アドレスやネットワークマスク値を指定する代わりに、サブネット名を指定して簡単に LIF を作成できます。

このタスクを実行するには、クラスタ管理者である必要があります。

手順
  1. サブネットを作成

    network subnet create -broadcast-domain ipspace1 -ipspace ipspace1 -subnet-name ipspace1 -subnet 10.0.0.0/24 -gateway 10.0.0.1 -ip-ranges "10.0.0.128-10.0.0.130,10.0.0.132"

    サブネット名には、「 192.0.2.0/24 」などのサブネット IP の値を使用することも、この例のように「 ipspace1 」などの文字列を使用することもできます。

  2. サブネットの設定が正しいことを確認します。

    この例では、 ipspace1 IPspace 内の ipspace1 という名前のサブネットに関する情報が出力に表示されます。サブネットは ipspace1 という名前のブロードキャストドメインに属します。ipspace1 IPspace に作成した SVM のデータ LIF に、このサブネット内の IP アドレスを割り当てることができます。

    「 network subnet show -ipspace ipspace1 」