日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LIFs を作成します

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

SVM は、 1 つ以上のネットワーク論理インターフェイス( LIF )を通じてクライアントにデータを提供します。データへのアクセスに使用するポートに LIF を作成する必要があります。

このタスクを実行するには、クラスタ管理者である必要があります。

ONTAP 9.7 以降では、その IPspace の同じサブネットに少なくとも 1 つの LIF がすでに存在するかぎり、 ONTAP によって LIF のホームポートが自動的に選択されます。ONTAP は、そのサブネット内の他の LIF と同じブロードキャストドメイン内のホームポートを選択します。ホームポートは指定できますが、指定した IPspace のサブネットにまだ LIF がない場合を除き、指定する必要はありません。

CIFS トラフィックを伝送する LIF を、ホームノードに自動的にリバートするように設定しないでください。Hyper-V over SMB または SQL Server over SMB でノンストップオペレーションを実現する解決策を CIFS サーバでホストする場合、これは必須です。

手順
  1. LIF に使用するブロードキャストドメインのポートを決定します。

    「 network port broadcast-domain show -ipspace_ipspace1 」に設定します

    IPspace     Broadcast                       Update
    Name        Domain name   MTU   Port List   Status Details
    ipspace1
                default       1500
                                    node1:e0d   complete
                                    node1:e0e   complete
                                    node2:e0d   complete
                                    node2:e0e   complete
  2. LIF に使用するサブネットに未使用の IP アドレスが十分にあることを確認します。

    network subnet show -ipspace_ipspace1 に設定します

  3. データへのアクセスに使用するポートに 1 つ以上の LIF を作成します。

    'network interface create -vserver_vs1_-lif lif1 -home-node node1_-home-node _home-port_e0d_service-policy_default-data-subnet_name_ipspace1 _`

  4. LIF インターフェイスの設定が正しいことを確認します。

    「 network interface show -vserver vs1 」のように表示されます

              Logical    Status     Network         Current   Current Is
    Vserver   Interface  Admin/Oper Address/Mask    Node      Port    Home
    --------- ---------- ---------- --------------- --------- ------- ----
    vs1
               lif1       up/up      10.0.0.128/24   node1     e0d     true
  5. フェイルオーバーグループの設定が適切であることを確認します。

    「 network interface show -failover -vserver vs1` 」と入力します

             Logical    Home       Failover        Failover
    Vserver  interface  Node:Port  Policy          Group
    -------- ---------- ---------  ---------       --------
    vs1
             lif1       node1:e0d  system-defined  ipspace1
    Failover Targets: node1:e0d, node1:e0e, node2:e0d, node2:e0e