日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

UC 準拠のための DSCP マーキング

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

デフォルトまたはユーザが指定した DSCP コードを使用して、特定のプロトコルの発信(出力) IP パケットトラフィックで Differentiated Services Code Point ( DSCP )マーキングをイネーブルにできます。DSCP マーキングは、ネットワークトラフィックを分類および管理するためのメカニズムであり、 Unified Capabilities ( UC )準拠のコンポーネントです。

DSCP マーキング( _ QoS マーキング _ または _ サービスマーキングの品質)は、 IPspace 、プロトコル、 DSCP の値を指定することで有効になります。DSCP マーキングを適用できるプロトコルは、 NFS 、 CIFS 、 iSCSI 、 SnapMirror 、 NDMP 、 FTP 、 HTTP/HTTPS 、 SSH 、 Telnet 、および SNMP 。

特定のプロトコルに対して DSCP マーキングを有効にするときに DSCP 値を指定しない場合は、デフォルトが使用されます。

  • データプロトコル / トラフィックのデフォルト値は 0x0A ( 10 )です。

  • 制御プロトコル / トラフィックのデフォルト値は 0x30 ( 48 )です。