日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.5 以前の LIF のロール

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

LIF の特性はロールごとに異なります。LIF のロールにより、インターフェイスでサポートされるトラフィックの種類のほか、適用されるフェイルオーバールール、適用されるファイアウォールの制限、セキュリティ、ロードバランシング、ルーティングの方法が決まります。LIF のロールには、 cluster 、 cluster management 、 data 、 intercluster 、 node management 、 undef (未定義)です。undef ロールは、 BGP LIF に使用されます。

ONTAP 9.6 以降では、 LIF のロールは廃止されています。ロールの代わりに LIF のサービスポリシーを指定する必要があります。サービスポリシーを使用して LIF を作成する場合、 LIF のロールを指定する必要はありません。

LIF セキュリティ

データ LIF クラスタ LIF ノード管理 LIF クラスタ管理 LIF クラスタ間 LIF

プライベート IP サブネットが必要かどうか

いいえ

はい。

いいえ

いいえ

いいえ

セキュアなネットワークが必要

いいえ

はい。

いいえ

いいえ

はい。

デフォルトのファイアウォールポリシー

非常に厳しい

完全にオープン

非常に厳しい

ファイアウォールをカスタマイズ可能

はい。

いいえ

はい。

はい。

はい。

LIF フェイルオーバー

データ LIF クラスタ LIF ノード管理 LIF クラスタ管理 LIF クラスタ間 LIF

デフォルトの動作です

LIF のホームノードおよび SFO 以外のパートナーノードと同じフェイルオーバーグループ内のポートにフェイルオーバーします

LIF のホームノードと同じフェイルオーバーグループ内のポートにフェイルオーバーします

LIF のホームノードと同じフェイルオーバーグループ内のポートにフェイルオーバーします

同じフェイルオーバーグループ内の任意のポート

LIF のホームノードと同じフェイルオーバーグループ内のポートにフェイルオーバーします

カスタマイズ可能

はい。

いいえ

はい。

はい。

はい。

LIF のルーティング

データ LIF クラスタ LIF ノード管理 LIF クラスタ管理 LIF クラスタ間 LIF

デフォルトルートが必要になる状況

クライアントまたはドメインコントローラが別の IP サブネットにある場合

なし

いずれかのプライマリトラフィックタイプで、別の IP サブネットへのアクセスが必要な場合

管理者が別の IP サブネットから接続している場合

他のクラスタ間 LIF が別の IP サブネットにある場合

特定の IP サブネットへの静的ルートが必要になる状況

まれです

なし

まれです

まれです

別のクラスタのノードのクラスタ間 LIF が異なる IP サブネットにある場合

特定のサーバへの静的ホストルートが必要になる状況

ノード管理 LIF の欄に記載されたいずれかのトラフィックタイプを使用するには、ノード管理 LIF ではなく、データ LIF を経由します。これには、対応するファイアウォールの変更が必要です。

なし

まれです

まれです

まれです

LIF のリバランシング

データ LIF クラスタ LIF ノード管理 LIF クラスタ管理 LIF クラスタ間 LIF

DNS : DNS サーバとして使用

はい。

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

DNS :ゾーンとしてエクスポート

はい。

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ