日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ルーティングテーブルからダイナミックルートを削除します

寄稿者 netapp-barbe このページの PDF をダウンロード

IPv4 と IPv6 の ICMP リダイレクトを受信すると、動的ルートがルーティングテーブルに追加されます。デフォルトでは、動的ルートは 300 秒後に削除されます。動的ルートを維持する時間を変更する場合は、タイムアウト値を変更できます。

0~65 、 535 秒のタイムアウト値を設定できます。値を 0 に設定すると、ルートは無期限になります。動的ルートを削除すると、無効なルートの永続性が原因で接続が切断されるのを防ぐことができます。

手順
  1. 現在のタイムアウト値を表示します。

    • IPv4 の場合:

      network tuning icmp show
    • IPv6 の場合:

      network tuning icmp6 show
  2. タイムアウト値を変更します。

    • IPv4 の場合:

      network tuning icmp modify -node node_name -redirect-timeout timeout_value
    • IPv6 の場合:

      network tuning icmp6 modify -node node_name -redirect-v6-timeout timeout_value
  3. タイムアウト値が正しく変更されたことを確認します。

    • IPv4 の場合:

      network tuning icmp show
    • IPv6 の場合:

      network tuning icmp6 show