日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LDAP クライアントスキーマテンプレートを管理するためのコマンド

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP には、 LDAP クライアントスキーマテンプレートを管理するための固有のコマンドが用意されています。

注記

SVM 管理者は、クラスタ管理者が作成した LDAP クライアントスキーマを変更したり削除したりできません。

状況

使用するコマンド

既存の LDAP スキーマテンプレートをコピーします

「 vserver services name-service ldap client schema copy 」は、 advanced 以上の権限レベルで使用できます。

LDAP スキーマテンプレートを表示します

vserver services name-service ldap client schema show 」を参照してください

LDAP スキーマテンプレートを変更します

「 vserver services name-service ldap client schema modify 」は、 advanced 以上の権限レベルで使用できます。

LDAP スキーマテンプレートを削除します

「 vserver services name-service ldap client schema delete 」は、 advanced 以上の権限レベルで使用できます。

詳細については、各コマンドのマニュアルページを参照してください。