日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

qtree にセキュリティ形式を設定する

寄稿者 netapp-aherbin netapp-ahibbard netapp-thomi

qtree 上のデータに使用するアクセス権のタイプを決定するには、 qtree のセキュリティ形式を設定します。

手順
  1. 次のいずれかを実行します。

    qtree の有無

    使用するコマンド

    はまだ存在しません

    'volume qtree create' と '-security-style' パラメータを含めて ' セキュリティ・スタイルを指定します

    はすでに存在します

    'volume qtree modify' と '-security-style' パラメータを含めて ' セキュリティ・スタイルを指定します

    qtree のセキュリティ形式に使用できるオプションは、「 unix 」、「 ntfs 」、または「 m ixed 」です。

    qtree の作成時にセキュリティ形式を指定しない場合、デフォルトのセキュリティ形式は「デフォルト」です。

    volume qtree create コマンドまたは volume qtree modify コマンドの詳細については ' を参照してください "論理ストレージ管理"

  2. 作成した qtree のセキュリティ形式を含む設定を表示するには、「 volume qtree show -qtree qtree_name -instance 」コマンドを入力します