日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

キャッシュされた NFS ユーザクレデンシャルの Time-To-Live を設定してください

寄稿者 netapp-thomi

Storage Virtual Machine ( SVM )の NFS サーバを変更することで、 ONTAP が NFS ユーザのクレデンシャルを内部キャッシュに格納する期間である Time-To-Live ( TTL )を設定できます。これにより、ネームサーバの高負荷に関する問題や、 NFS ユーザアクセスに影響を及ぼすクレデンシャルの変更に関する問題を軽減できます。

これらのパラメータは advanced 権限レベルで使用できます。

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。

    「 advanced 」の権限が必要です

  2. 必要な操作を実行します。

    TTL を変更するキャッシュ対象

    使用するコマンド

    受理のクレデンシャル

    vserver nfs modify -vserver vserver_name -cache-cred-positive-ttl time_to-live`

    TTL の測定単位はミリ秒です。デフォルトは 24 時間( 86 、 400 、 000 ミリ秒)です。この値の許容範囲は 1 分( 60 、 000 ミリ秒) ~7 日間( 604 、 800 、 000 ミリ秒)です。

    拒否のクレデンシャルです

    vserver nfs modify -vserver vserver_name -cache-cred-negd-ttl time_to-live`

    TTL の測定単位はミリ秒です。デフォルトは 2 時間( 7,200,000 ミリ秒)です。この値の許容範囲は 1 分( 60 、 000 ミリ秒) ~7 日間( 604 、 800 、 000 ミリ秒)です。

  3. admin 権限レベルに戻ります。

    「特権管理者」