日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFSv4 ACL の変更を有効または無効にします

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP が ACL を持つファイルまたはディレクトリの chmod コマンドを受信した場合、デフォルトでは ACL は保持され、モードビットの変更を反映するように変更されます。ACL を破棄するには '-v4-acl-preserve パラメータを無効にして動作を変更します

unified セキュリティ形式を使用している場合、このパラメータは、クライアントがファイルまたはディレクトリに対する chmod 、 chgroup 、または chown コマンドを送信したときに NTFS ファイルアクセス権が保持されるか破棄されるかの指定も行います。

このパラメータのデフォルトは enabled です。

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。

    「 advanced 」の権限が必要です

  2. 次のいずれかを実行します。

    状況

    入力するコマンド

    既存の NFSv4 ACL の保持と変更を有効にする(デフォルト)

    vserver nfs modify -vserver vserver_name -v4-acl-preserve enabled

    保持を無効にして、モードビットを変更するときに NFSv4 ACL を破棄します

    vserver nfs modify -vserver vserver_name -v4-acl-preserve disabled

  3. admin 権限レベルに戻ります。

    「特権管理者」