日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFSv4 リファーラルを有効または無効にします

寄稿者 netapp-thomi

Storage Virtual Machine ( SVM )で NFSv4 リファーラルを有効にするには、 -v4-fsid-change オプションと、「 -v4.0-referrals 」または「 -v4.1-referrals 」オプションを有効にします。NFSv4 リファーラルを有効にすると、この機能をサポートする NFSv4 クライアントのデータへのアクセス速度を向上させることができます。

NFS リファーラルを有効にする場合は、まず Parallel NFS を無効にする必要があります。両方を同時に有効にすることはできません。

手順
  1. 権限レベルを advanced に設定します。

    「 advanced 」の権限が必要です

  2. 次のいずれかを実行します。

    状況

    入力するコマンド

    NFSv4 リファーラルを有効にする

    「 vserver nfs modify -vserver vserver_name -v4-fsid-change enabled 」「 vserver nfs modify -vserver vserver_name -v4.0-referrals enabled 」という形式です

    NFSv4 リファーラルを無効にする

    vserver nfs modify -vserver vserver_name -v4.0-referrals disabled

    NFSv4.1 リファーラルを有効にする

    「 vserver nfs modify -vserver vserver_name -v4-fsid-change enabled 」「 vserver nfs modify -vserver vserver_name -v4.1-referrals enabled

    NFSv4.1 リファーラルを無効にする

    vserver nfs modify -vserver vserver_name -v4.1-referrals disabled

  3. admin 権限レベルに戻ります。

    「特権管理者」