日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

rquota のサポートを有効または無効にします

寄稿者

ONTAP は、 remote quota protocol バージョン 1 ( rquota v1 )をサポートしています。rquota プロトコルを使用すると、 NFS クライアントは、リモートマシンからユーザのクォータ情報を取得できます。Storage Virtual Machine ( SVM )で rquota を有効にするには、「 vserver nfs modify 」コマンドを使用します。

デフォルトでは、 rquota は無効です。

ステップ
  1. 次のいずれかを実行します。

    状況 入力するコマンド

    SVM で rquota のサポートを有効にします

    vserver nfs modify -vserver vserver_name rquota enable

    SVM で rquota のサポートを無効にします

    vserver nfs modify -vserver vserver_name rquota disable`

    クォータの詳細については、を参照してください "論理ストレージ管理"