日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プロトコル間のファイルロックについて

寄稿者

ファイルロックは、あるユーザが以前に開いていたファイルに別のユーザがアクセスするのを防ぐために、クライアントアプリケーションで使用される方法です。ONTAP でファイルをロックする方法は、クライアントのプロトコルによって異なります。

クライアントが NFS クライアントである場合、ロックは任意に設定します。クライアントが SMB クライアントである場合、ロックは必須となります。

NFS ファイルと SMB ファイルのロックの違いのため、 SMB アプリケーションですでに開いているファイルに NFS クライアントからアクセスすると、エラーになる場合があります。

NFS クライアントが SMB アプリケーションによってロックされたファイルにアクセスすると、次のいずれかの状態になります。

  • mixed 形式または NTFS 形式のボリューム原因では 'rm ' rmdir' ' および 'm v などのファイル操作操作を行うと 'NFS アプリケーションが失敗することがあります

  • NFS の読み取りと書き込みの処理は、 SMB の読み取り拒否および書き込み拒否のオープンモードによってそれぞれ拒否されます。

  • また、ファイルの書き込み対象となる範囲が、排他的な SMB バイトロックでロックされている場合も、 NFS の書き込みの処理はエラーになります。

UNIX セキュリティ形式のボリュームでは、 NFS のリンク解除および名前変更の処理で SMB のロック状態が無視され、ファイルへのアクセスが許可されます。UNIX セキュリティ形式のボリュームでのその他すべての NFS 処理では、 SMB のロック状態が考慮されます。