日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネームマッピングの概要を設定する

寄稿者

ONTAP では、ネームマッピングを使用して、 CIFS ID を UNIX ID に、 Kerberos ID を UNIX ID に、 UNIX ID を CIFS ID にマッピングします。この情報は、 NFS クライアントからの接続か CIFS クライアントからの接続かに関係なく、ユーザクレデンシャルを取得して適切なファイルアクセスを提供するために必要になります。

ネームマッピングを使用する必要がない例外が 2 つあります。

  • 純粋な UNIX 環境を構成した場合、ボリュームに対して CIFS アクセスまたは NTFS セキュリティ形式を使用する予定はありません。

  • 代わりにデフォルトユーザを使用するように設定している場合。

    このシナリオでは、すべてのクライアントクレデンシャルを個別にマッピングするのではなく、すべてのクライアントクレデンシャルが同じデフォルトユーザにマッピングされるため、ネームマッピングは必要ありません。

ネームマッピングはユーザに対してのみ使用でき、グループに対しては使用できません。

ただし、個々のユーザのグループを特定のユーザにマッピングすることはできます。たとえば、 SALES という単語が先頭または末尾に付くすべての AD ユーザを、特定の UNIX ユーザおよびそのユーザの UID にマッピングできます。