日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFSv4 の ONTAP サポートの制限事項

寄稿者

NFSv4 の ONTAP サポートにはいくつかの制限があることに注意してください。

  • 委譲機能はすべてのクライアントタイプでサポートされているわけではありません。

  • ONTAP 9.4 以前のリリースでは、 UTF8 以外のボリュームで ASCII 以外の文字が含まれている名前はストレージシステムで拒否されます。

    ONTAP 9.5 以降のリリースでは、 utf8mb4 言語設定で作成され NFSv4 を使用してマウントされたボリュームはこの制限を受けなくなります。

  • すべてのファイルハンドルは永続的です。サーバは揮発性のファイルハンドルを提供しません。

  • 移行とレプリケーションはサポートされていません。

  • NFSv4 クライアントは、読み取り専用負荷共有ミラーでサポートされていません。

    ONTAP は、 NFSv4 クライアントを直接読み取りおよび書き込みアクセスの負荷共有ミラーのソースにルーティングします。

  • 名前付き属性はサポートされていません。

  • 次の属性を除くすべての推奨属性がサポートされています。

    • 「 archive 」と入力します

    • 「隠された」

    • 「均質」

    • 「 MIME タイプ」

    • 'QUOTA_OF_hard'

    • 'QUOTA_OLE_soft

    • 「 QUOTA_used 」のように表示されます

    • 「システム」

    • 'time_backup

    注記

    ONTAP は 'quota*' 属性をサポートしていませんが 'RQUOTA 側のバンド・プロトコルを通じてユーザー・クォータとグループ・クォータをサポートしています