日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TCP 転送サイズを変更することで NFSv3 / NFSv4 のパフォーマンスが向上します

寄稿者

TCP 最大転送サイズを変更することで、高レイテンシのネットワーク経由でストレージシステムに接続する NFSv3 / NFSv4 クライアントのパフォーマンスを向上させることができます。

レイテンシが 10 ミリ秒を超えるワイドエリアネットワーク( WAN )またはメトロエリアネットワーク( MAN )などの高レイテンシネットワークを介してクライアントがストレージシステムにアクセスしている場合は、 TCP 最大転送サイズを変更することで、ネットワーク接続のパフォーマンスを向上させることができます。ローカルエリアネットワーク( LAN )などの低レイテンシネットワークでストレージシステムにアクセスするクライアントは、これらのパラメータを変更してもパフォーマンスの向上はあまり期待できません。スループットの向上がレイテンシの影響を上回らない場合は、これらのパラメータを使用しないでください。

ストレージ環境がこれらのパラメータの変更の恩恵を受けるかどうかを判断するには、まずパフォーマンスの低い NFS クライアントで総合的なパフォーマンス評価を行ってください。パフォーマンスの低さが、クライアント上の過剰なラウンドトリップによるレイテンシとデータ量の少ない要求によるものかどうかを確認します。このような状況では、クライアントとサーバは、接続を介して送信される小さな要求と応答を待機するデューティサイクルの大部分を消費するため、使用可能な帯域幅を完全に使用することはできません。

NFSv3 と NFSv4 の要求サイズを大きくすることで、クライアントとサーバは使用可能な帯域幅をより効果的に使用できるようになり、単位時間あたりの移動データ量が多くなります。そのため、接続の全体的な効率が向上します。

ストレージシステムとクライアントの間で設定が異なる場合があることに注意してください。ストレージシステムとクライアントでサポートされる転送処理の最大サイズは 1MB です。ただし、ストレージシステムで最大転送サイズを 1MB に設定しても、クライアントがサポートするサイズが 64KB であると、マウントの転送サイズは 64KB 以下に制限されます。

これらのパラメータを変更する前に注意しなければならないのは、変更すると、大量の応答をアセンブルして送信するのに時間がかかり、ストレージシステムでメモリ消費が増えるということです。ストレージシステムへの高レイテンシ接続が増えるほど、メモリ消費量も増加します。メモリ容量が多いストレージシステムでは、この変更による影響はほとんどありません。メモリ容量が少ないストレージシステムでは、パフォーマンスが著しく低下する可能性があります。

これらのパラメータを効果的に使用するには、クラスタの複数のノードからデータを取得する必要があります。クラスタネットワーク固有のレイテンシによって、応答の全体的なレイテンシが増加する可能性があります。これらのパラメータを使用するときに、全体的なレイテンシが増大する傾向があります。そのため、レイテンシの影響を受けやすいワークロードは悪影響を受ける可能性があります。