日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware vStorage over NFS がサポートされるようになりました

寄稿者

ONTAP は、 NFS 環境で特定の VMware vStorage API for Array Integration ( VAAI )機能をサポートしています。

サポートされている機能

次の機能がサポートされます。

  • コピーオフロード

    ESXi ホストで、仮想マシンや仮想マシンディスク( VMDK )のコピーを、ホストを介さずにソースとデスティネーションのデータストア間で直接実行できます。これにより、 ESXi ホストの CPU サイクルやネットワーク帯域幅を節約できます。ソースボリュームがスパースボリュームの場合、コピーオフロードでスペース効率が保持されます。

  • スペースリザベーション

    スペースをリザーブして VMDK ファイル用のストレージスペースを確保します。

制限

NFS で VMware vStorage を使用する際には、次の制限事項があります。

  • 次の場合にコピーオフロード処理が失敗することがあります。

    • ソースボリュームまたはデスティネーションボリュームで wafliron を実行中に、ボリュームが一時的にオフラインになっている

    • ソースボリュームまたはデスティネーションボリュームを移動しているとき

    • ソースまたはデスティネーションの LIF を移動しているとき

    • テイクオーバーまたはギブバック処理を実行しているとき

    • スイッチオーバーまたはスイッチバック処理を実行しているとき

  • 次のシナリオでは、ファイルハンドル形式の違いが原因でサーバ側のコピーが失敗する可能性があります。

    qtree のエクスポートを現在行っているか、以前行っていた SVM から、これまでに qtree をエクスポートしたことがない SVM へのデータのコピーを試みます。上記の制限を回避するために、デスティネーション SVM で少なくとも 1 つの qtree をエクスポートすることができます。